自転車のホイールに映像を映し出せる「Monkey Light Pro(モンキーライトプロ)」


面白いネタを発見したので紹介。
レースやイベントなどに参加するとアニメキャラ・萌キャラが描かれた、「痛チャリ」を見かけることがあると思います。
この前の鈴鹿も「痛チャリ」ならぬ、「痛ジャージ」を着ている人もいましたねw
そんな感じで、自転車を思い思いの形にカスタマイズしたり、ペイントしたりしている人も多いと思います。

そんなローディー、いやサイクリストに朗報かも。いやいや、ショップにもいいかも。
ホイールのスポーク部分に好きな動画やGIFアニメを映し出す商品が開発されたようです。

d7a0288b8cc4f676991c13e895d09a4f_large

9b0d45df669c55b16e5a358e4e4d10b2_large


それにしてもポップなPVだ。

これは色々な使い方ができそうです。
単純に好きな映像を映し出すも良し、広告として使うも良し。

自転車も走る広告塔になる日も近い?

自転車のホイールに映像を映し出す「Monkey Light Pro(モンキーライトプロ)」

ホイールに好きな映像を映し出す商品を開発したのはサンフランシスコにあるMonkeyLectric社。
商品名は「Monkey Light Pro

4本のLEDライトがついたユニットを車輪部分につけ、自転車を走らせることで設定しておいた映像が映し出されるというものです。時速15~65キロで走ることで安定した映像を映すことができるようです。

スペックは以下の通りです。

Monkey Light Proの仕様

直径:520ミリメートル(26インチ以上の自転車に対応)
厚さ:25ミリメートル
重さ:約500グラム
可視性:夕方や夜、曇りの日に見れる。晴れた日の日中は見えにくい
メディア形式:JPG、GIF、PNG、AVI、MPEG、MOV、QT、FLV
バッテリー:3~8時間(表示映像によって異なる)
256フルカラーLED、防水、盗難防止ストラップつき

500グラムは意外と重い。
でも、普段使いには良い練習になるかも。
防水仕様なので全天候対応ですね。

気になる価格は?

実はこれ、コンセプトモデルというわけではなく、実際に販売が決まっている商品のようです。定価は9万円の予定。
ちなみに、「Monkey Light Pro」を販売するこのプロジェクトを支援すると先行価格で購入できるようです。
発送は2013年12月を予定しているとのこと。海外発送も対応しているというので、興味がある人はチェックしてみてもいいかもしれませんね。

参照:Monkey Light Pro

使い方を考えてみる

自分で用意した映像も表示可能なので本当に色々な使い方ができる。
マーケティングやプロモーションにも生かせそうです。
視認性で言えばやはり夜間での使用がメインにはなるかもしれませんが、レースやイベントでも色々な使い方ができそうです。
パフォーマンスに使っても面白そうですね。

僕が会社やショップを運営していたら、自転車通勤推奨しますねw
それだけでなく、夜間の事故防止には効果があるかもしれません。

この技術昔あった扇風機の羽根に映像を映し出す技術に似ているのかな。

コメントを残す

このページの先頭へ