海外通販&個人輸入の関税について


kaigai-tsuuhan-kanzei-0
個人輸入や海外通販を行う場合に注意しておきたいのが関税の存在です。
せっかく海外からお得な買い物をしたのに、高い関税がかかってしまいかえって高くついた・・・そんなことになったら悔しいですよね。そうならないためにも、海外通販を始めるなら関税について少しだけでも知っておくと良いでしょう。ここでは個人利用の場合を対象に自転車パーツを購入する際の関税について紹介します。

海外通販や個人輸入にかかる「関税」とは?

関税とは、海外で購入した商品の代金と送料・保険料などを加えた金額(課税金額)に関税率をかけて算出した税金のことです。

海外から商品を買うと「輸入」になるため、税関を通るときに関税がかかります。個人輸入では一部のものをのぞき、小額のものは無税となります。海外旅行時の個人用の持ち帰り品と同じ扱いですね。通関手続きは国際郵便業者や宅配業者がやってくれます。

また、個人輸入の場合は、個人用品特例(転売を目的としない)として課税金額の60%に対してかけられます。つまり、1万円のものなら、6千円に対してかけられるということです。ちょっとだけお得ですね。

また、個人輸入の場合、購入した商品の課税対象額の合計が1万円以下の場合は免税となり課税されません。個人用品特例に当てはめると、10,000円÷60%=16,666円。つまり、商品の合計金額(課税金額)が16,666円以下となる場合は基本的に関税が掛からないと言うことです。海外通販を利用する際に関税のことを考えたくない場合は、16,666円以内に収まるように調整してみると良いでしょう。

課税対象額の合計が1万円以上(実際は16,666円)の場合には関税と税関手数料200円がかかります。
また、課税対象額が1万円以上(実際は16,666円)で、関税が無税(関税率0%)の場合は、消費税(日本国内消費税)のみ課税されます。

計算は以下の様に求めます。
関税額の計算:課税対象額(商品・送料・保険料等×60%)×関税率=関税額

う〜ん、ややこしいですね(・Θ・;)

実際に自転車パーツの関税を計算してみる

実際に海外通販を使い、自転車パーツを購入した際にどれくらいの関税がかかるのかを計算してみたいと思います。

購入内容

自転車パーツ:30,000円
送料:2,000円
保険料:0円

関税は商品の合計金額に対してかかるので、課税金額は32,000円。
個人用品特例により課税対象額は32,000円×60%で19,200円となります。
仮に税率が10%だとすると、19,200円×10%で関税額が1,920円となります。

関税を含めた合計金額は…
32,000円(商品合計金額)+1,920円(関税額)=33,920円となります。
(実際には税関手数料200円と別途消費税がかかります)

海外通販の個人用品特例の範囲は?

ここで少し気になるのが、どこまでが個人用品特例の範囲内なのかということ。
これに対しては、特に明確な基準がないため、購入した数量や商品の種類によって判断されるようです。

例えば、同じ商品を一度に何個も買ったり、個人では使わないような機器を購入すると、個人用ではないと判断される場合もあるとのことです。その場合は、事前に用途に関する問い合わせがあるようです。個人用であれば、その際にその旨を説明すれば問題ないようです。

海外通販(自転車)の関税率ってどれくらい?

参考ですが、自転車パーツやウェアにかかる関税は以下の通りです。

自転車パーツ
自転車パーツ関税表

ウェア類
ウェア類関税表

ザックリとまとめると…
自転車本体・パーツ類:基本的に無税
ウェア類:おおむね10%くらい
シューズ類:税率の幅が広すぎてなんともいえない
あくまでも参考ですがこんな感じですね。

※税関で検査官が現物を確認して税率を決めています

ウェア類はものにより多少の関税がかかります。
ただしシューズだけは税金が高いので要注意です。

海外通販で、面倒だなぁと感じるのが関税の存在だと思います。
しかし、何回か買い物をしていれば、それほど難しいことではないと分かるかと思います。とは言え、初めての海外通販は不安があるかもしれません。そんな時は、事前に正確な金額を知るために、管轄税関に事前に希望商品の関税額について問い合わせてみるのも良いかもしれません。

⇒ 輸出入通関手続や税番・税率等に関するお問い合わせ

海外通販&個人輸入の関税まとめ

最後に関税に関するポイントをまとめておきます。

  • 自転車本体やパーツは基本的に無税
  • 関税が掛かる商品でも16,666円以下なら無税
  • それ以上の価格の場合は商品毎に異なる税率がかかる

コメントを残す

このページの先頭へ