海外通販の住所の書き方サンプル


海外通販時の住所の書き方
海外通販の利用時にどうしてもやらなければならないのが住所の入力。
そして、多くの方がここで手が止まってしまうと思います。
そこで、ここでは海外通販時の住所の記入方法を紹介します。

海外の基本的な住所の書き方

一般的な入力欄に沿って記述例を書いていきます。
まずは基本的な解説です

First Name:下の名前をローマ字で入力
Middle Name:記入しなくてOK
Last Name:名字をローマ字で入力
Address 1:市より下の住所をローマ字で入力
Address 2:マンション住まいの時は部屋番号+マンション名をローマ字
City:市をローマ字で入力
State/Province:県をローマ字で入力
Zip Code:郵便番号を数字で入力
Country:Japanと入力
Phone Number:+81の後ろに電話番号(最初の0は記入しなくてもOK)
Fax:入力しなくてOK(入力する場合は電話番号と同じ方法で入力)
Mail Address:メールアドレス(PC)

基本的には全てローマ字で入力します。
最終的に配達してくれるのは日本の配達業者なので、彼らにわかってもらえれば大丈夫です。
多少間違っていてもある程度は読み取ってくれます。

海外通販を利用する場合の住所を実際に書いてみる

架空の人物を設定します。

山田太郎
〒000-0000
愛知県名古屋市中川区宮脇町1-2-3 グレイス宮脇101号

上の彼を参考に海外通販時の住所の書き方を紹介します。

First Name:Taro
Middle Name:
Last Name:Yamada
Address 1:1-2-3,Miyawaki-cho,Nakagawa-ku
Address 2:#101 gureisu-miyawaki
City:Nagoya-shi
State/Province:Aichi
Zip Code:000-0000
Country:Japan
Phone Number:+81-90-1234-5678
Fax:
Mail Address:

ポイントとしては海外通販で使用する住所は後ろから書くということ。
英語の住所は県名ではなく番地が一番最初に来ます。日本の住所の書き方とは順番が逆です。
それ以外の項目もすべて逆から書いていきます。
また、住所を続けて書く場合は市区町村を「,(カンマ)」で区切ります。
マンション住まいの場合は部屋番号は「#(シャープ)」を使います。

表記の方法は人によって多少違いがあると思いますが、これで十分届くということです。
最低限、住所・電話番号・氏名がしっかりと書かれていれば荷物は届きます。
あまり構えなくても大丈夫です。

郵便番号や電話番号は海外通販サイトの設定によっては「+」や「-」が入力できない場合もあるので、入力時にエラーなどが出た場合は「+」や「-」を除いた番号を入力してみてください。

コメントを残す

このページの先頭へ