Garmin Edge 510J(日本語版)ファーストインプレッション


さて、実際にGarmin Edge 510J(日本語版)を入手したのでファーストインプレです。
(50kmほど走ってみての感想)
ガーミンエッジ510J

まずは購入動機でも。

  1. スマホとの連動で走行ログを晒すことができる(LiveTrack機能)
  2. データアップロードの容易さ

主にはこれくらいなもんです。

まず、僕は2010年よりEdge500(英語版)を使用していますが、壊れたわけでも、飽きたわけでもありません。Edge500は十分素晴らしいサイコンだと思っています。
ただ、単純にEdge510が上記の理由で面白そうだと感じたため購入しました。
ちょっと高級な大人のおもちゃ感覚です(*´∀`*)

実際に使ってみて驚いたのは、データのアップロードの容易さです。
保存した瞬間にデータがGarmin Connectにアップロードされます。
これは楽チン♪

タッチパネルは使ってみるまでは正直半信半疑でしたが、思ったよりいいです。というかかなり便利。
ディスプレイ上を指でなぞるだけで画面が切り替わるので慣れてしまえば驚く程使い勝手がいい。
表示領域の拡大により、タッチパネルも操作しやすい!
表示できる項目も10個と増えたためひとつの画面で色々見られる。
10項目表示しなくても、ひとつひとつが大きくなり、走行時の視認性は向上していると思います。

操作は基本的にはタッチパネルで行い「ラップ」「スタート&ストップ」「電源」がボタン操作です。
自転車上で設定変更を行う場合は少し不便に感じますが、特に変更などをしない分には、役割がハッキリしているため簡潔で良いと思います。

ちなみにEdge500を使っていたため、センサー系はEdge500から流用しています。
もちろん感度良好!

さてさて、個人的にすごく魅力的なのがLiveTrack(ライブトラック機能)。
まだ全然使いこなせていないため詳細はまた今度にしますが、これは仲間内でやったらすごく面白そうです。コンビニに出かける友人にEdge510Jを持たせて実験してみましたが、動きが丸見え(*´∀`*)
怖いですね、この追跡機能は。

今のところ感じているのはLiveTrackは自分が楽しむものというよりかは、仲間内で同じ新GarminEdgeシリーズを持っていると本領発揮する機能かなと思ってます。
友人が走ってるとやっぱり刺激を受けるので切磋琢磨するのにもいいかもですね。

LiveTrackは仲間内で新Edgeシリーズを持つ人数が増えてくるとより楽しくなる機能

かな??
なんせ走ってる本人は見れないですからね。
こんなこと言いつつまだそれほど使い込んでいないのでわかりませんけどね。
ファーストインプレなのでお許しを。

Garmin Edge 510J(日本語版)感想まとめ

さて、色々まとめてみます。

GPS精度

位置情報については、Edge500と比べて格段に取得が早くなったように感じます。
Edge500は電源を入れてから位置情報取得まで少し(30秒近く)時間がかかっていましたが、Edge510はとにかく早い!あっさり位置情報を掴みます。
GLONASS衛星が影響しているのかどうかは定かではありませんが、速度は間違いなく向上しています。
また、Edge500と違い屋内でも位置情報を掴みます。

視認性

カラー液晶は初めてになるので他との差はわかりませんが、昼間でも見にくいというのは感じていません。
夕方18時〜19時と朝9時〜12時に走りましたが、光の反射による見にくさなどは特に感じていないです。反射防止のシートが必要かどうかと言えば必要ないかな。
ただ、指紋がつきやすいため保護シートは貼りたいと思っている。

ちなみに背景が昼は白背景、夜は黒背景となり、見やすいです。
これは多分時間によって切り替えられていると思います。
夜に部屋でいじってる時は黒背景なので。

操作性

不安要素のひとつだったタッチバネルも思ったほど悪くない。というより便利。
画面の切り換えも指で画面をスライドすればいいため楽チン。
スマホと違い、感圧式のタッチパネルですが、慣れれば問題なく使える。
これが冬場のグローブ装着でも問題なく操作できる秘密ですね。
ちなみにグローブ装着で試しましたが、問題なく操作できます。
タッチパネルはグローブでもOK
もちろん軍手でもOK(*´∀`*)
長押しに反応しています。

本体が大きくなったため重量は上がりましたが、各項目が見やすくなり、操作性も向上しています。
タッチパネルでこれ以上小さいと使いにくいと思われます。

スマホ連携

スマホとBluetoothで接続し、天気予報が確認できたり、LiveTrackが利用できます。
天気予報は個人的にすごーくおまけ感覚。
驚いたのはトレーニングデータの自動アップロード機能。
トレーニング終了時にデータを保存すると自動でGarmin Connectに記録をアップロードしてくれます。
保存と同時にiPhoneにはこんな表示が。恐ろしく簡単。
これはトレーニング開始時にスマホがEdgeの情報を取得した時の画面ですね。
勘違いしていました。
Garmin Connect 自動アップロード
今までのいちいちケーブルを繋ぐという面倒くさい作業が減ったのは大きい。
トレーニングデータを管理している人にとっては嬉しい機能です。

ただし、ついでに充電していた分、充電に関する煩わしさが増したように感じています。
トレーニングに出る時に充電し忘れみたいなことをやらかしそうな予感です(;^_^A

あと、スマホとの連携はいいんですが、スマホアプリ「Garmin Connect Mobile」をもう少しなんとかしてくれって感じですね。PCに比べると確認できることが制限されすぎていてあまり使い物にならない。

LiveTrack機能がいかがなものかというのが気になる人も多いと思います。
しかし、LiveTrack機能はまだあまり使えていないので詳細は保留と言うことで。
ちょっとやってみただけですが、非常に面白そうな機能ではあります。
「パワー」「心拍」などが見れなさそうだったのがおしいです。
こういったデータが見れたらより面白いと思うんですけどね。
まぁ、使って行くとこれが一番面白そうな機能になりそうな予感です。
人によっては全く使わない機能だとも思います。
そのうちデータ晒してみようと思います。

その他

現状感じていること。

  • 起動が速い
    Edge500と比べ起動までの時間が早くなっています。
  • 細かい設定が可能
    アイコンの変更やカラーの変更
  • 精度の向上
    とりあえず気付いた部分では、勾配の単位が小数点以下まで表示されるようになっています。
    10%以上の場合は小数点以下が表示されていませんでしたが、10%未満は0.8%や3.6%などの数値が表示されます。坂バカにはいいかも。

とりあえず現状こんな感じです。
ということでGarmin Edge 510Jファーストインプレッション終了です。
個人的には新たに購入するだけの価値はあると思っていますのでオススメです!
⇒ Edge510J最安値情報

とにかくもう少し使ってみます。

コメントを残す

このページの先頭へ