自転車・サイクリングが楽しくなるおすすめアプリ17選!iPhone/Android向け


自転車生活をちょっとだけ豊かにする、自転車がちょっと楽しくなるスマホ向けアプリのご紹介です!

趣味で自転車に乗ったり、通勤で自転車に乗ったり、スポーツとして自転車に乗ったり・・・
自転車を楽しんでいる方に役立つ様々な自転車アプリがあります。

自転車のサイクルコンピューター(通称サイコン)は高性能なものが多いですが、値段が高いのがネックだと思います。しかし、トレーニングデータを数値化してログをとることは自転車乗りのみならずスポーツをやる人、トレーニングを行う人にとっては欠かせないものです。
高級サイコンはちょっと手が出ない・・・」ということであれば、まずはアプリから始めてみるのも良いかもしれません。

  • 走行ルートや走行データを記録、共有できるGPSアプリ
  • 目的地までのルートを案内してくれるナビアプリ
  • ややこしい単位やギア比を一発計算してくれるツール系アプリ
  • 元プロレーサーによる自転車トレーニングアプリ
  • などなど・・・

こんな感じで色々な方向性の自転車アプリを紹介していきます。主に日本語対応のものを紹介します。

ここに載っていないもので「これおすすめ!」というものがあれば教えて頂けると嬉しいです。

おすすめ自転車アプリ

イチオシ自転車アプリ

Strava Cycling【iPhone/Android】

Strava Cycling-1Strava Cycling-2
自転車やランなどのGPSによる走行データ(走行距離や走行時間、獲得標高、消費カロリーなど)をネット上で管理してくれるサービスです。

走行データを計測できるだけではなく、面白いのは他のユーザーと自分の記録を競える点です。地図上の設定されたコースを通過すると、その時のデータでランキングに参加して、コースを通過した全ユーザー内における自分の順位や、他のユーザーの平均速度を確認できるようになっています。

さらにちょっと面白いのが、ランキング1位になると「KOM(King of Mountain)」の称号を獲得できる点です。

インターフェースも美しく、使っていて楽しいアプリです。Garmin Connectに近いですが、色々とGarmin Connectよりも便利な機能が多い気がしています。

Garmin Connect同様、累計の走行距離や走行時間がわかる他、他のユーザーとフォローし合って交流することもできるので、サイクリングを長く楽しく続けられるはず。

ちなみに今現在サイトは日本語対応していません。ここだけがネック。

詳しくはこちらで書いています。

Android app on Google Play


Garmin Connect Mobile【iPhone/Android】

Garmin Connect Mobile-1Garmin Connect Mobile-2
画像は英語になっていますが、日本語対応しています。
GarminのGPSデバイスをお持ちの方におすすめのガーミン社公式のアプリです。
Garminデバイスに記録した走行データを専用サイト「Garmin Connect」にアップロードすることで、パソコンやスマホ上からトレーニングデータやサイクリングデータを確認、分析することができます。

Edge510やEdge810をお持ちの方はLiveTrackを行う上では必須アプリです。

詳しくはこちらで書いています。

Android app on Google Play


Runtastic Road Bike GPS サイクルコンピューター【iPhone/Android】

Runtastic Road Bike GPS-1Runtastic Road Bike GPS-2
iPhone向けのサイクルコンピュータアプリで、スマホをGPSサイクルコンピューターに変えてしまうアプリです。

無料版と有料版があります。
無料版は色々と制限が多いですが、走行時間、距離、スピード、消費カロリーなどの計測が可能で走行ルートも記録できます。
また、記録時には、その日の状態や路面状況、天候などを自ら判断して選択することが可能です。より詳細にその日のデータを記録することができます。有料版にすることで広告が消せたり、機能がアップするみたいです。

表示のカスタマイズも可能で、別売りのセンサーキットを用意すれば、心拍数やケイデンスの計測も可能。走行中は設定距離ごとに音声で所要時間やペースなどを知らせてくれます。ライブトラッキング機能もあります。

サイクリングやトレーニング終了後はwww.runtastic.comにデータをアップすることで、データ管理や、分析が可能です。
かなり本格的なサイクルコンピューターアプリです。

Android app on Google Play


高低差ビューア:TopoProfiler【iPhone】

TopoProfiler-1TopoProfiler-2
ルートに沿った高度、標高、水深、高低差や距離を調べることができるアプリです。

出発地点と目的地を設定すれば、自動でその2点を結ぶ最短ルートを設定してくれます。気に入ったコースはブックマークに登録しておくこともできます。

いつも走っているルートや以前に走ったルートのコースプロフィールを知りたいときや、これから走る登りの断面図や標高差を知るのに役立ちます。出先でも手軽にコースプロフィールを確認できるのでコース設定に役立ちます。


位置情報共有サービス みんなどこ?【iPhone/Android】

ntvfiu82VhM3KOsvZSCucg-temp-upload.edsmqpgz.320x480-75ntvfiu82VhM3KOsvZSCucg-temp-upload.cafyfcbk.320x480-75
アプリユーザー同士が地図上で位置情報をリアルタイムで共有できるアプリです。
ユーザー登録不要で、仲間同士で共通のキーワードを決めて入力すれば位置情報の共有ができます。他のユーザーがいる場所がニックネームとアイコンで表示されます。

グループでサイクリングやトレーニングに出た際に(特に力の差がある場合に)役立ちます。
遅れてしまい、はぐれた場合などにこのアプリを使えば先行者がどこにいるのかが一目でわかります。後続者は安心して追いかけることができ、先行者もどれくらい遅れているかわかり安心して走ることができます。

Android app on Google Play


pinprick【iPhone】

pinprick-1pinprick-2
タイマーを設定することで現在位置、移動速度、進行方向をTwitterで自動投稿できるアプリ。
走行中のデータを共有したい人におすすめ。また、自動投稿は走行に集中できるため安全性が高いです。

自分の居場所を知らせるアプリのため使い方には注意が必要ですが、使い方次第では面白いアプリです。また、「プライバシーオプション」というプライベートエリアが設定できるアドオンが提供されているので(170円)プライベートエリア内でのツイート(自宅圏内など)を防ぎたい場合は購入すると良いでしょう。

別売りのANT+センサーを取り付けることで、パワーやケイデンス、ハートレートも公開することができます。しかし、前回のアップデート以降、起動すらできません。一応紹介。

地図系アプリ

自転車NAVITIME【iPhone/Android】

NAVITIME-1NAVITIME-2
地図・ルート検索「NAVITIME」の自転車版アプリです。

通常の「NAVITIME」と異なるのは自転車に特化した7種類のルート検索ができる点。

例えば、「坂道が多い」「坂道が少ない」「大通り優先」「裏通り優先」など自転車に適したコース選択ができ、現在地と目的地を設定することでルートを瞬時に割り出せます。

また、走行中はカーナビ同様、目的地までの音声案内付きナビゲーションが可能です。
進行方向の表示、音声でのルート案内の他、スピードメーターや高低差グラフも表示されます。高低差グラフは勾配5%以上の坂を一目で知ることができ、コース選択にも役立ちます。

走行したルートや距離、消費カロリーなどを記録・閲覧できる「走行ログ」機能や、当日の日の入り時刻を確認できる「日の入り時刻表示」機能や、周辺のおすすめスポットを検索できる「おすすめスポット」機能など、サイクリングが楽しくなる機能満載です。

Android app on Google Play


MapFan+【iPhone】

mapfan-1mapfan-2
無料ながら音声ナビ機能も備え、機能も充分。
「オンライン地図」と「オフライン地図」があり、「オフライン地図」であれば、地域ごとに地図をダウンロードすることで、通信圏外でも地図を確認できます。また、「オンライン地図」よりもバッテリーの持ちがよくなります。(オフライン地図は有料)

ナビゲーション機能も搭載しており、設定したルートを音声でナビしてくれます。ナビ機能はオフライン地図でも使えます。自転車ナビにも対応していますが自転車ナビ時は音声が流れません。

自転車ではあまり必要ありませんが、方面看板やレーン表示も可能で、目的地までの残り距離や、到着予想時間も表示できます。


自転車ロード【iPhone】

bicycle-apps-1bicycle-apps-2
長距離走ったり、見知らぬ土地を走るのもサイクリングの醍醐味です。よく知った土地であれば何も心配はいりませんが、見知らぬ土地での心配はやはり自転車トラブル。そんなサイクリング中の「困った」に対応してくれるのが「自転車ロード」です。

このアプリは、日本全国の駐輪場や自転車ショップ、自転車走行時の注意ヶ所といった自転車関連の情報をはじめ、現在地から、約1km範囲でカフェやレストラン、旅館やホテル、さらにはトイレなどの周辺施設情報を全16項目の中から簡単に検索することができます。

また、お天気情報(1時間後の降水量など)もアプリ内で確認できるため、周辺施設を確認しながら、ついでに天候チェックするのにも役立ちます。

管理系アプリ

Bicycle Stats【iPhone】

bicycle-stats-1bicycle-stats-2
Bicycle Statsは自転車でのトレーニング、レース、ローラー台などの様々な走行データを記録できるアプリです。
自分で選択項目を追加することもできます。
また、集計データをグラフ表示することができ、日、月、年などから期間を絞って確認することもできます。

走行距離、走行時間、消費カロリー、平均時速、最高心拍数、平均心拍数、平均ケイデンス、最高出力、平均出力、高低差などから自分で記録する内容を選択して、入力、管理します。
データは自動で記録されるわけではありませんが、全てのデータをまとめておけば、このアプリひとつで一目でトレーニングデータを確認することができます。

ツール系アプリ

単位変換Free【iPhone】

bicycle-apps-3
わかりにくい単位も簡単に変換することができます。
「Power」「Speed」「Weight」などの項目を選択し、変更前の単位と変更後の単位を選択、数値を入力すれば、自動で単位が変換されます。

速度がマイル表示の場合にメートルに変換したり、フィートをメートルにしたり、色々な記録の確認に役立ちます。時速を分速や秒速で計算することもできます。

変換できる単位は100以上あるので見つからない単位はほとんどないでしょう。
自転車パーツは海外製品も多いため、単位がものによって違うことがあります。このアプリを入れておけば単位変換は簡単です。


Cycle Calculator【iPhone】

cycle-calculator-1cycle-calculator-2
自転車のギア比にこだわりたい人におすすめのアプリ。
タイヤの周長、チェーンリングとスプロケットの歯数を選択し、速度とケイデンスのシミュレーションを行うことができます。

  • 現在のギア比で時速60kmで走るためにはケイデンスはいくつ必要か?
  • ケイデンス100で時速40kmで走るにはどのギアを選択すればいいのか?
  • あるギア比でケイデンス100だとどれくらいスピードが出るのか?

などを確認するのに役立ちます。

GPS系アプリ

Cyclemeter GPS サイクリングストップウォッチ【iPhone】

cyclemeter-gps-saikuringusutoppuu-1cyclemeter-gps-saikuringusutoppuu-2
過去の記録と比較できる自転車記録アプリ。

走行ルートを設定して、実際に走って記録を残します。
走行時間・距離・スピード・消費カロリーなどを詳細に記録できる他、過去の走行データとの比較も可能です。

毎回の走行データと過去の記録や最高記録などのタイムを比べながらニヤニヤするのもいいかもしれません。お気に入りのコースや峠がある方におすすめのアプリ。毎回のアタックが楽しくなることでしょう。

「ルート」は新しいルートを走る場合は新規ルートを選べば、走っている最中に自動でルートを記録できます。


RunKeeper【iPhone/Android】

runkeeper-1runkeeper-2
元はランニング用アプリですが、自転車にも使えます。
以前は日本語非対応でしたが、現在は日本語にも対応しユーザーが増えています。音声も十分聞き取れます。

設定を済ませ、「RunKeeper」を起動した状態でスマホを自転車にセットしたり、ポケットに入れておけば、後は自動でログを録ってくれます。走行距離、経過時間、ペース、消費カロリー、走行ルートなどを詳細に記録できます。現在の状況を音声ガイドで通知してくれるため、スマホを確認せずともリアルタイムで情報を入手できます。トレーニング終了後は記録したトレーニングデータをいつでも確認することができます。

運動中に気に入ったものや好きな場所を写真撮影することで、コースの記録とともに写真を保存することもできます。インターフェースも美しく使っていて楽しくなるアプリ。

また、別売りのセンサーと心拍計を購入することでトレーニング時の心拍数を計測することもできます。

Android app on Google Play

トレーニング系アプリ

竹谷賢二のバイシクルトレーニング【iPhone】

bicycle-apps-4bicycle-apps-5
4度の全日本選手権優勝とアテネオリンピックXC日本代表の実績を持つ竹谷賢二さんによる、自転車トレーニングアプリ。

ポジションやペダリングなどの基礎レベルからレースレベルまで対応したトレーニング術が紹介されています。

無料で読めるダイジェスト版も用意されているので、まずはそちらを読んで、必要であればアドオンで各号350円で読めばよいかと思います。トッププロのスキルに触れたい方は、無料版のみでも一読の価値あり。現在vol.9まで配信中。

その他自転車アプリ

MotionX GPS【iPhone】

motionx-gps-1motionx-gps-2
平均速度や最高速度、標高差グラフや時系列グラフも確認できます。
電波の届かないような山道を走る場合でも、予めマップデータをスマホにダウンロードしておくことでマップを呼び出すこともできます。

また、目的地を設定することでナビ機能も使用でき、現在地から目的地までの方角や距離、現在のスピードからあと何分で到着するのかという「到着予定時間」まで教えてくれます。
表示にはマップとコンパス画面があり、使い分けが可能。

マップ画面はマップ上にルートが表示されるのでその線に沿って進めば、目的地に到着できます。
コンパスはその名の通りコンパス画面を表示し、方位だけを示します。気ままに進む自転車に合っているかもしれません。


BikeMateGPS【iPhone/Android】

bikemategps-1bikemategps-2
GPSで移動したルート、移動時間、速度、距離、消費カロリーなどを記録し、後からでも確認することができます。毎日の走行データの比較などを楽しむことができます。

また、途中で撮影した写真はGoogleマップ上で位置とともに表示されるので、サイクリングの思い出も同時に記録できます。無料版も用意されているのでそちらから試してみてはどうでしょうか。

Android app on Google Play

自転車アプリ使用時の注意点

どのスマホも新機種が発表されるごとに飛躍的にバッテリーの持ちが良くなっています。しかし、長時間アプリを起動させる(特にGPSアプリ)はバッテリーを急激に消耗させます。
走行中にバッテリー切れ・・・なんてことにならないように注意しましょう。肝心なところで電話やメールが使えないなんてことは避けたいものです。

バッテリー切れが心配な場合は外部バッテリーなどを装備すると良いでしょう。外部バッテリーを装着するオプションパーツをあるのでそちらを試してみるのも良いでしょう。

また、自転車アプリを利用するのにはスマホホルダーが便利です。
自転車アプリを使うならスマホを自転車に固定できるスマホホルダーがおすすめ!」でスマホホルダーについて書いています。

最後に

調べていくと有料から無料まで非常に多くの自転車アプリがありました。
その中から、ただ紹介するだけでなく、レビュー評価が高いものや僕自身が使っているアプリや使えるアプリを紹介しました。

おすすめのものを紹介していますが、それぞれのアプリによってできること、できないことなど細かな違いがあります。そのため、紹介しているものがベストというわけではありません。人それぞれに好みがあるので、自分が使いやすい、気に入ったアプリを使うのが楽しい自転車ライフに繋がるのではないかと思います。その参考にしてもらえれば嬉しく思います。

基本的に無料のものが多いのでとりあえず実際に使ってみることをおすすめします。

調べてみて思ったこと

色々なアプリでスマホをカスタマイズしていけばサイコンいらないんじゃ…なんて思えてきます。と言ってもやっぱり本格的に自転車に乗るようになると良いサイコンは必須かなと思います。メインデータはGPS搭載のサイコンに任せて足りない部分はスマホアプリなどで補うのが良いかなと思います。

まだ自転車を始めたばかりの人や毎日の自転車生活をお金をかけずにちょっとだけ楽しくしたいなと言う人には自転車アプリはおすすめです。

コメントを残す

このページの先頭へ