ガーミンコネクト:最近のアクティビティの使い方


最近のアクティビティの詳細な使い方について説明しています。
最近のアクティビティは設定できる箇所が豊富にあります。
少しずつ触って確かめてみましょう。

「ダッシュボード」→「最近のアクティビティ」からデータを確認、編集することができます。
編集は「クイック編集」と「詳細を表示する」から行えます。

クイック編集

まずはクイック編集から説明します。クイック編集はその名の通り、簡易的な編集に向いています。
「クイック編集」をクリックします。
クイック編集

これらの項目が編集可能になります。
クイック編集項目

タイトル

データをアップロード後は「タイトルなし」になっているので任意のタイトルをつけておくことで
後からアクセスや検索がしやすくなります。

イベントタイプ

イベントタイプ
これらの項目から選択することができます。

アクティビティタイプ

トレーニングデータの種類を選択することができます。
「サイクリング」さらには「ロードサイクリング」、「ランニング」「ストリートラン」など詳細で、
かなり豊富なパターンから選択できます。
今日行ったトレーニングを振り返って当てはまるものを選択しておきましょう。

コース

作成したコースを選択することができます。
⇒ コースの作成方法はこちら

全ての編集を終えたら「終了」をクリックして保存しておきましょう。

マップの変更

「最近のアクティビティ」ではマップの表示方法を変更することができます。
マップ
+:地図を拡大
ー:地図を縮小

上の画像ではGoogleとなっていますが、マップに使用するデータを
「Google」「Bing」「OpenStreetMap」の3つから選択することができます。

表示方法は「マップ」「衛星」から選択できます。
マップは地図、衛星は航空写真です。

一番右の項目は「地形」「自転車」「ラベル」を選択できます。
地形はマップをより立体的に表示し、視覚的に高低差などが確認できるようになります。
自転車は国道など主要ルートを非表示にすることができます。※マップ時のみ
ラベルは衛星を選択している場合にのみ選択可能で、主要道路が表示されます。※衛星時のみ

最近のアクティビティの詳細設定

続いて詳細設定方法について説明していきます。
詳細を表示する
「詳細を表示する」またはアクティビティの「タイトル」をクリックしてください。

ここではやれることが非常に多いです。
アクティビティの詳細
まず、トレーニングデータの詳細を確認することができます。

概要

アクティビティデータの概要

詳細

アクティビティデータの詳細
様々なデータの詳細を確認できます。
※デバイスで取得していないデータに関しては表示されません

ラップ

ラップを録っている場合は確認できます。
スプリット表示をクリックすることで、より詳細なデータを確認することができます。
スプリット表示

天気

天候を確認できるデバイスの場合表示されます。

追加情報

使用デバイスを確認できます。
※高度修正機能について
garminデバイスはデバイスに内蔵された気圧計で高度を測っています。
そして、天候によって気圧が変わるので、同じコースを走っていても測定値が変わってしまうことがあります。
締め切った部屋でローラーに乗っていると数値が変動したことを見たことがありませんか?
その気圧によって変わる高度をガーミンコネクトを使って高度補正するという昨日です。
GPSで細かく測定されているポイントを地図上の高度によって補正されるので、かなり正確なデータがとれます。

チャート

チャートは各トレーニングデータをグラフ化し、確認しやすくなっています。
右上の矢印をクリックすることで大きな画面でデータを確認できます。
「平均」にチェックを入れることでデータの平均値を確認できます。
プルダウンメニューから「タイム」「距離」を選択できます。

ツールバー

それぞれの機能は下の画像の通りです。
左の5つは左から「編集」「削除」「プライバシー」「お気に入り」「個人記録」です。
ツールバー

詳細:現在の画面
分割:スプリットの表示
プレーヤー:アクティビティデータを再生できます
プレーヤー
様々なデータが確認できるため結構面白いです。

コメントを残す

このページの先頭へ