ガーミンエッジ500レビュー


garmin-edge-500

【搭載機能】
重量:57g
メモリ容量:内蔵メモリ50MB。最多50件のトレーニングデータを記録可能
表示データ:速度、湿度、傾斜度、軌跡、消費カロリーなど40項目以上の走行データ
電力供給:充電式リチウム電池(練軸使用可能時間約15時間)
インターフェイス:mini USB、plug-and play
無線インターフェイス:2.4GHz/Dynastream ANT+Sport
オプション:Edge 500本体、USB送信ケーブル、自転車マウント、スピード/ケイデンスセンサーなど
(心拍測定ベルトセットもあり)

 

機能からもわかる通り、自分の走り、コースなど詳細なデータが得られる完全レース志向のサイコンです。

街乗りで使ってみようと言う人は他(キャットアイ辺り)を探すのがおすすめです。
街乗りには十分すぎる性能のため、確実に持て余してしまいますw

レースやイベントに参加してみたい、そんな競技志向の人や週末ガチで走りに行く、
データを管理してトレーニングに生かしたい。

そんな人にはマストアイテムです!

 

やはり、GPS内蔵のサイコンは正確なデータを取れるところがいいですね。
この小さなボディーでありながらGPSの感度はかなり良好です。

GPSは各地点でのタイムを計測してくれるため、
「前半何分」「後半何分」「ここで垂れた」など細かいデータがとれます。

普通のタイムだけ測るサイコンはあくまでもスタートからゴールまでの「平均」です。

細かく多種多様なトレーニングデータが録ればそこから自分の走りを分析できます。
自分の苦手や得意もわかってきますよ。

 

画面は800と違いモノクロですが、その分価格も控えめ。
でも、バックライトは付いているので暗くなっても安心です。

800いや、705の廉価版とも言えますが、十分すぎる性能。

今後本気で自転車をやる!という人にとってガーミンエッジ500は最適なサイコンだと言えます。

個人的にパワータップなどパワーメーターのデータを受信できるのは嬉しい。
正直 非の打ちどころがない最強のサイコンではないでしょうか。

ガーミン エッジ500 【日本語版】【センサーセット】はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ